戻る

第二阪神国道(国道43号)ダイニハンシンコクドウ(コクドウ43ゴウ)

開通式

昭和38年1月6日、待ちに待った第二阪神国道(国道43号)開通の日です。この日開通したのは全30kmの内、尼崎-神戸間(一部を除く)の18.2km。尼崎市の辰巳橋では打ち上げ花火が冬空に響き、河野建設相(当時)によるテープカットに続いて、原口神戸市長(当時)がクス玉を割るとハトが舞い上がるたいへん華やかな通り初め式でした。震え上がるような寒さのなか沿道につめかけた群衆に見守られ、約350台の車が尼崎市の通り初め式会場から神戸まで西進しました。開通祝賀式は神戸王子体育館で行われました。

DATA

資料番号2820401783
制作年月日1963年01月06日
作成年代昭和30年代
地理情報  西宮市浜脇町6(大きな地図)
所蔵機関情報公開課
更新日2018年03月30日