戻る

豊臣氏奉行衆裁許状トヨトミシブギョウシュウサイキョジョウ

豊臣氏奉行衆裁許状
ダウンロード
ダウンロード
一括ダウンロード
まとめて
ダウンロード
印刷
印刷
大きく
大きく

先頭へ

前へ

次へ

最後へ
※画像が非常に大きいため、ダウンロードしたファイルがお使いの画像ビューワで表示できない可能性があります。

天正20年(1592)夏、北郷用水溝が武庫川の分流枝川を横切る地点の伏樋をめぐって、用水川上の瓦林村と川下の鳴尾村との間に水論が起きた。双方、隣村も加勢しての大乱闘となった。この事件を検視して、同年8月25日、豊臣氏の奉行衆である徳善院(前田)玄以、増田長盛、長束正家が裁許を下し、北郷用水は従来通り鳴尾村の用水とすることを保証確認した。本資料はその裁許状である。「前田玄以書状」とあわせて、西宮市指定重要有形文化財(歴史資料)に指定されている。

DATA

資料番号282040200000090
作成者徳善院(前田)玄以、増田長盛、長束正家
制作年月日天正20年(推定)
資料群名西宮市所蔵文書
文化財指定市指定(歴史資料)
資料の形状
所蔵機関郷土資料館
更新日2017年07月06日