戻る

鳴尾村絵図ナルオムラエズ

鳴尾村の絵図。大坂の代官役宅までの距離と方角、西宮、今津村、尼崎までの距離が示されている。凡例部分に「御料上ヶ知立会」と記されていることから、明和6年(1769)における上知以降に作成された絵図といえる。村の南側には「砂浜網引場」が描かれており、新田開発される前の海岸の姿が分かる。

DATA

資料番号282040200000099
作成者
制作年月日
資料群名
文化財指定
資料の形状軸装
所蔵機関郷土資料館
更新日2018年01月30日