にしのみやデジタルアーカイブ・セレクション

にしのみや郊外生活

阪神電鉄・阪急電鉄が提案した、都市生活者の新しいライフスタイル「郊外生活」。阪神間の都市間電車・郊外電車を運営する両電鉄は、大都市・大阪の郊外に住宅や余暇を開発し、その実現を目指しました。理想化された健康で文化的な郊外生活を、絵はがきで覗いてみましょう。

  • お問い合わせ:西宮市立郷土資料館(西宮市教育委員会文化財課)
雑誌『郊外生活』
郊外生活のすすめ
雑誌『郊外生活』
阪神電鉄・阪急電鉄は、ともに設立当初から市外居住・郊外生活を標榜し、これを都市生活者の新しいライフスタイルとして紹介しました。阪神電鉄発行の月刊雑誌『郊外生活』には、自然豊かな郊外での健康で文化的な生活を謳う宣伝文句が見られます。両電鉄は郊外生活を実現すべく、西宮に住宅地や余暇を開発しました。

>画像の詳細

香櫨園入口
娯楽場「香櫨園」
絵はがき「香櫨園入口」
明治40年(1907)、香野蔵治・櫨山喜一は阪神電鉄の補助金を得て、大社村森具区内(現羽衣町ほか)に娯楽場を開発しました。開発者の頭文字をとって命名された「香櫨園」は、動物園・音楽堂・遊園地などが複合する、総合的な余暇施設でした。絵はがきに映る鉄道は、国有鉄道(現JR)線と思われます。

>画像の詳細

香櫨園ウヲタシュト
香櫨園の楽しみ
絵はがき「香櫨園ウヲタシュト」
香櫨園内には、当時では珍しい娯楽施設がありました。その一つが絶叫マシンの元祖ともいえる、ウォーターシュートです。ボートで水上に突入する巨大な滑り台で、国内でも比較的早く設置された例といえます。絵はがきの表面には、明治42年(1909)の「阪神電車経営香櫨園動物園」の創立記念スタンプが残っています。

>画像の詳細

電車停留場光景
香櫨園停留所
絵はがき「電車停留場光景」
娯楽場「香櫨園」の開園に伴い、阪神電鉄は、香櫨園停留所を新設し、打出浜の海水浴場を香櫨園浜に移しました。ところが、香櫨園は間もなく経営困難に陥り、娯楽施設が香櫨園浜に移され、廃園となりました。香櫨園跡地は、阪急夙川駅の開設を機に郊外住宅地として開発され、駅名を残すのみとなりました。

>画像の詳細

六甲苦楽園 麓
苦楽園の開発
絵はがき「六甲苦楽園 麓」
現在の苦楽園一番町から五番町に至る地域は、明治39年(1906)の明礬谷保勝会による温泉開発に始まります。その後、明治44年(1911)に土地を買収した大阪の中村伊三郎により、道路・上下水道などが整備され、有産階級の邸宅が建てられました。絵はがきには、未だ木々深い苦楽園が映っています。

>画像の詳細

六甲苦楽園ラジユーム温泉前
避寒地「苦楽園」
絵はがき「六甲苦楽園ラジユーム温泉前」
大正2年(1913)、兵庫県のボーリング調査によってラジウム泉が発見されると、苦楽園内にラジウム温泉場が開設されました。雑誌『郊外生活』には「苦楽園/ラヂユーム温泉は阪神沿線に唯一の避寒地」の宣伝文句が載り、香櫨園停留所と温泉地を馬車自動車が通いました。自動車は絵はがきにも描かれています。

>画像の詳細

六甲苦楽園ラヂウム温泉特等休憩室
住宅地化する苦楽園
絵はがき「六甲苦楽園ラヂウム温泉特等休憩室」
大正8年(1919)、苦楽園の経営が西宮土地株式会社に移ると、園内に旅館やホテルが建設されました。一方で、別荘や高級住宅地としての成長も始まります。苦楽園の住宅地化は、大正13年(1924)の阪急電鉄甲陽支線の開通、翌年の苦楽園口駅の開設とバスの運行により、一層進んで行きました。

>画像の詳細

甲陽劇場内部
娯楽と保養の「甲陽園」
絵はがき「甲陽劇場内部」
現甲陽園本庄町を中心とする約330ヘクタールの範囲は、クラブ・遊園地・歌舞伎劇場・植物園などを設ける郊外レクリエーション地域「甲陽園」として発展しました。開発の着手は大正7年(1918)、甲陽土地株式会社によります。園内には、東亜キネマ映画撮影所が併設され、劇場では、少女歌劇などが上演されました。

>画像の詳細

甲陽公園 遊戯場 自動遊動木馬
甲陽園に遊ぶ
絵はがき「甲陽公園 遊戯場 自動遊動木馬」
甲陽園は、温泉保養地の色濃い苦楽園に比べ、家族連れ向けの施設が多くありました。絵はがきには、着飾って木馬に乗る子どもたち、見守るように立つ日傘の女性が映されています。甲山の山麓に開発された園内には、斜面を利用した滑り台もありました。滑り台は、大人の遊具として楽しまれたようです。

>画像の詳細

甲陽カルパス温泉
斜陽の甲陽園
絵はがき「甲陽カルパス温泉」
甲陽園内には、保養施設として、温泉浴場や旅館が設けられました。風光明媚な甲陽園は、有産階級に愛され、阪急甲陽支線の開通により、最盛期を迎えます。しかし、昭和に至り、甲子園などのレジャー開発が進むと、次第に賑わいを失って行きました。甲陽園が住宅地として再び賑わうのは、戦後のことです。

>画像の詳細

印刷
このページを印刷する