戻る

西宮市鳥瞰図ニシノミヤシチョウカンズ

昭和11年(1936)に吉田初三郎が製作した、西宮市の鳥瞰図。鳥の目に写る景色のように、高い視点から地上を見下ろしたように描いた図が鳥瞰図である。製作者の吉田初三郎は、大正の終わりから昭和の初めにかけて、鉄道網の発達に伴って起こった全国的な観光ブームにのり、観光案内鳥瞰図を多数製作した画家として知られる。その作品は1,600点以上あるとされ、中央部を詳細に描写しながら、左右の端をU字型に折り曲げて、実際には見えるはずのない遠景を描く「初三郎式鳥瞰図」を確立した。本資料は、西宮市が観光パンフレット作成のために、吉田初三郎に依頼して製作された肉筆原画である。当時の市域は、大正14年(1925)に誕生した西宮市と、昭和8年(1933)に合併した、今津町、大社村、芝村を範囲とするため、鳥瞰図には現在の西宮市南部の様子が中心に描かれている。長方形や小判型の題箋には、地名や特徴的な建物名などが記されている。

DATA

資料番号282040200000002
作成者吉田初三郎
制作年月日1936年
資料群名西宮市所蔵文書
文化財指定
資料の形状絹本著色、縦110cm×横385cm
所蔵機関郷土資料館
更新日2017年07月06日